もの忘れ・認知症が心配になったら読む本の表紙
ご購入はこちらから

もの忘れ・認知症が心配になったら読む本

認知症予防医広川 慶裕
定 価  1,296円(本体価格 1,200円+税8%)
判 型  B6変型
ページ数  192
ISBN  978-4-262-14597-6

自分が、親が、祖父母が・・・
物や人の名前が出なくなったり、うっかりミスが増えたり、
いつもと違う言動があったりして、
「もしかして認知症!?」と思ったら読む本です。
もの忘れや認知症が起こるしくみ、もの忘れと認知症の違い、
見分けるためのチェック法、予防のための食生活や生活習慣、
本人・家族の心構え、認知症の人に多くみられる行動の理由と
その対応のしかた、さらには介護サービスについても解説。
イラストや図版を多用し、「その時」に迷わないために
予備知識として知っておきたい情報が満載です。

目次

第1章 そのもの忘れ、認知症かも
もの忘れが起こるしくみ(脳からの老化シグナル12、もの忘れと認知症の違いなど)・
認知症が起こるしくみ(加齢で脳がエネルギー不足に、血流の悪化も脳にダメージなど)・
もしかしたら認知症?(5単語テスト、40歳を過ぎたら定期検査を、検査の内容など)

第2章 今日から始める認知症予防生活
・認知症は予防できる!(定期的な健診、認知症予防を続けるための8ヵ条など)・
食事で脳を老化から救う(高たんぱく食材やビタミン類をとる、MCTオイルに注目など)・
食べ方に注意しよう!(食後血糖値を上げない食べ方、食べる順番など)・
脳活を始めよう!(規則正しい生活、質のいい睡眠など)・脳が喜ぶ運動をする
(有酸素運動で血流を増やす、ながら動作、マッサージなど)

第3章 認知症と向き合う ~自分や家族が認知症になったら~
まさか、認知症!?(チェックリスト、病院の選び方、検査など)・
認知症について知る(アルツハイマー型、脳血管性、レビー小体型、若年性認知症など)・
認知症を受け入れる(家族と本人の心構え7か条、介護サービスなど)・
本人と話しておきたいこと(本人の希望、預貯金や資産など)・
療養生活を支える制度と保険・笑顔で暮らしていくために・心配や不安を抱え込まない

第4章 よくある症状別 正しい対応
認知症の進行と心の変化・正しい対応と間違った対応(病院に行きたがらない、
運転したがる、財布を盗ったと言う、食べたことを忘れるなどに対して)

第5章 地域のサービスを利用しよう
プロに頼るのも大切なケア(介護認定、介護保険、施設の選び方など)

各オンライン書店にて購入できます。以下のバナーをクリックしてください。

  • amazonでの購入はこちらから
  • オンライン書店ビーケーワンでの購入はこちらから
  • ブックサービスでの購入はこちらから
  • Honya Clubでの購入はこちらから
  • 紀伊国屋書店
  • 楽天ブックスでの購入はこちらから
  • セブン&iでの購入はこちらから
  • e-honでの購入はこちらから

関連書籍

気持ちが楽になる 認知症の家族との暮らし方の表紙

気持ちが楽になる 認知症の家族との暮らし方

繁田 雅弘
大澤 誠監修協力
内門 大丈監修協力
定 価  1,404円
(本体価格 1,300円+税8%)
認知症の人の気持ちがよくわかる聞き方・話し方の表紙

認知症の人の気持ちがよくわかる聞き方・話し方

鈴木 みずえ
定 価  1,620円
(本体価格 1,500円+税8%)
認知症の介護に役立つハンドセラピーの表紙

認知症の介護に役立つハンドセラピー

鈴木 みずえ
定 価  1,296円
(本体価格 1,200円+税8%)
 

ページトップ

>>