ワイン完全ガイドの表紙
ご購入はこちらから
人生が楽しくなる!

ワイン完全ガイド

君嶋 哲至
定 価  1,620円(本体価格 1,500円+税8%)
判 型  A5
ページ数  256
ISBN  978-4-262-12931-0

複雑そうに見えるワインの世界をできるだけシンプルに、すっきりと、わかりやすくお伝えできるよう構成しました。そのなかでも本書の特徴は、フランスワインを中心に世界のワインを13カテゴリーにわけ、その味わいや魅力を簡潔なキーワードを中心にして解説した第1章にあります。たとえば《アルザス》であれば「生き生きした酸味」、《ボルドー・赤》であれば「シャトー/ブレンド」…といった具合です。またそのカテゴリーの特徴が実感できるおいしいワインを紹介。読者がそのワインを飲みながらその特徴を体感できるように構成しました。
制作当初ワイン初心者であった編集担当である私の酒ライフも、今では完全にワイン中心。無数に広がるワインの個性を味わう楽しさと料理とあわせる楽しさがプラスされ、その喜びはもう未知数。日本人にとってお酒は「酔うもの」から「楽しむもの」へと確実に変わる、これがワインの魅力。そしてその楽しさを本書を通じて多くの皆様に知ってほしい、これが私の願いです。
これで確実に人生が楽しくなります(!)。そして「あー人生一回じゃ足りないかも!」とも思うかもしれません。そんなワインの素晴らしさを体感する旅にでかけましょう。

目次

序章 ワインの基本 
ワインの基本① だからワインを飲もう!楽しもう! 
ワインの基本② ワインとはどんなお酒?     
ワインの基本③ ワインの産地はどこ?     
ワインの基本④ ワインにはどんな種類がある?  
ワインの基本⑤ ワイン用のブドウとは?    
 知っておきたいブドウの話?          
ワインの基本⑥ <味わいのベースが分かる>ブドウ品種図鑑 
        代表的24品種を知ろう!
 知っておきたいブドウの話?         
ワインの基本⑦ ワインの味わいを決めるものは? 
 ブドウ品種/テロワール/造り手/ヴィンテージ
ワインの基本⑧ ワインの味わいの要素は?    
ワインの基本⑨ ワインの香りのバリエーションは? 
ワインの基本⑩ ワイン法って何?        

1章 飲んで覚えるワイン講座  
 多種多様なワインの魅力を知ろう!       
ワイン講座1 最初に知っておきたい王道スタイル
 ボルドーの赤ワイン [Keyword]シャトー/ブレンド 
ワイン講座2 “テロワール”のワインを味わう
 ブルゴーニュ [Keyword]単一品種/テロワール
ワイン講座3 太陽の恵みを受けた豊かなワイン
 南仏ローヌ [Keyword]凝縮感/エレガンス  
ワイン講座4 北のワインのピュアーな魅力に目覚める
 アルザス [Keyword]生き生きした酸味    
ワイン講座5 気品と色気を感じさせるスパークリング
 シャンパーニュ [Keyword]メゾン/スタイル
ワイン講座6 料理との相性抜群の楽しさを知る
 プロヴァンスのロゼ [Keyword]太陽の下で飲む 
ワイン講座7 美味しい食事に合わせたい爽やか白
 ロワールの白ワイン [Keyword]品のいい酸/ミネラル感 
ワイン講座8 甘口ワインの魅力と楽しみを知る
 ロワールの甘口ワイン [Keyword]貴腐ワイン 
ワイン講座9 もはや甘口ばかりではない新しい魅力
 ドイツのワイン [Keyword]リースリング/スタイル 
ワイン講座10 料理と合わせることで生きる!
 イタリアのワイン [Keyword]サンジョベーゼ 
ワイン講座11 ワインの楽しみがぐっと広がる
 シェリーと酒精強化ワイン [Keyword]食後/保存性 
ワイン講座12 新しい産地 × 品種の魅力と面白さ
 新世界の国際品種ワイン [Keywrd]国際品種  
ワイン講座13 繊細な味わいで注目度急上昇中
 日本の甲州 [Keyword]透明感       
Column 甘辛表示を知っておこう        

2章 MAPで巡る世界のワイン産地 
フランス                   
ボルドー                   
 ラベルを見る!/ボルドーのAOC階層図   
ブルゴーニュ                 
 ラベルを見る!/ブルゴーニュのAOC階層図  
イタリア                    
 ラベルを見る!/イタリアのワイン法      
ドイツ                    
 ラベルを見る!/ドイツのワイン法       
スペイン                   
アメリカ                    
オーストラリア               
ニュージーランド              
チリ                    
アルゼンチン                
日本                      
新世界のラベルを見る!/ワインの名前の構成要素 

3章 ワイン実践講座 
1ワインを開けよう               
 あるともっと楽しくなるワイングッズ     
2グラスと味わい                
3おいしい温度と保存方法            
4テイスティングとポイント           
5料理とのマリアージュを楽しむ        
 チーズとワインを楽しむ           
Column お店での楽しみ方Q&A      

4章 ステップアップワイン講座 
1ワインの造り方の基本を知ろう        
2ブドウ畑の1年を知ろう            
3もっと知りたいワインのこQ&A       
<栽培・醸造編>
 Q最近よく聞く「自然派」「ビオ・ディナミ」って何?/Q亜硫酸(酸化防止剤)って体に悪い?/QMLF(マロラクティック発酵)とは?/Qステンレスタンク発酵/Q熟成と木樽発酵/熟成の違いは?/Q樽熟成に使われる樽の種類による違いは?/Q「収量制限」や「遅摘み」をする理由は?
<知識編>
 Q「フィロキセラ」って?/Q「スクリューキャップ」と「コルク」の違いは?/Qワインの欠陥を示す「不快臭」にはどんなものがある?/Q飲み残したワインの保存方法は?/Qワインを注ぐのは男性?女性?/Qワインはなぜ寝かせて保存するの?/Qグラスに注ぐときの適量や注意は?/Q古いワインがいいワイン?

5章 おすすめワインカタログ 君嶋氏セレクトの厳選169本 
■ボルドー   
■ブルゴーニュ 
■ローヌ   
■アルザス    
■ロワール   
■シャンパーニュ 
■南仏・南西地方・その他  
■イタリア   
■ドイツ   
■スペイン・ポルトガル 
■シェリー&カヴァ  
■アメリカ   
■チリ 
■オーストラリア 
■ニュージーランド  
■南アフリカ 
■日本   

ワイン用語集・用語索引           
輸入代理店・メーカー一覧    

メッセージ

ワインを巡ってブドウ畑や造り手のところへ足を運ぶと、いいワインの後ろには必ず素晴しい畑や造り手の顔があります。まさしくワインは自然や人の手による素敵な贈り物にほかなりません。そんなワインが1本テーブルにあれば、話も弾み、もちろん食事とのマリアージュの楽しみも尽きません。この上ない時間とともに、人と人とをつないで、世界中の人と友達にもなれます。ワインにはそんな魅力がいっぱい詰まっています。
 そうしたワインの魅力の一端をお伝えして、ワインとの距離をもっともっと近くしていただければ、というのがこの本の願いです。そのために、知っておきたい基本知識をなるべく整理してわかりやすく、また産地やブドウの写真、地図を交えてお伝えするように心がけました。多種多彩なワインの個性を知り、楽しんでいただきたいという願いから、カテゴリーを分けておすすめのワインも紹介しました。まずは気になったところから、どこからでも楽しんでいただけば幸いです。
 ワインは世界中にあって、出会いには限りがないし、知れば知るほど深さが見えてきます。1本のワインも時間をかけて付き合うとまた違った表情が見えてきます。つまるところワインの世界には終わりがありません。もちろん、ここに紹介したものもその一端に過ぎませんが、それもまたワインの大きな魅力です。この本をきっかけに、そんな終わりのない素敵な旅に、ともに出かけることができればこの上ない歓びです。
監修者 君嶋哲至

読者レビュー

専門用語についての解説もとてもわかりやすく参考になった。カラー写真も多く、とても見やすかった。
(42歳 女性)

各オンライン書店にて購入できます。以下のバナーをクリックしてください。

  • amazonでの購入はこちらから
  • オンライン書店ビーケーワンでの購入はこちらから
  • ブックサービスでの購入はこちらから
  • Honya Clubでの購入はこちらから
  • 紀伊国屋書店
  • 楽天ブックスでの購入はこちらから
  • セブン&iでの購入はこちらから
  • e-honでの購入はこちらから

ページトップ

>>